段ボールができるまで

皆さんが通常目にするダンボール箱は2つの工程を踏み製造されます。

出羽紙器製作所ではその2つの工程を一貫して行うことにより作業効率をアップし、低価格、短納期で段ボール箱を提供することができます。

▸工程1 段ボールシートを作る

段ボールシートは3枚の紙(段ボール原紙)を貼り合わせて作ります。

まず、中芯(なかしん)と呼ばれる1枚の紙を波状に成形します。
その波状の紙を2枚の紙で挟み、糊で接着することに長大な段ボールシートが出来上がります。
その後、罫線を入れ、適切なサイズに裁断することにより段ボール箱を作る材料となる段ボールシートの出来上がりです。

▸工程2 段ボール箱を作る

段ボールシートに、お客様の要望に応じて印刷をします。

印刷後の段ボールシートに切込みを入れたり、抜き型を使い抜くことにより適切な形に成形します。
最後に端を糊で付け箱としての形となります。

☆製造工程がもっとわかる動画を公開中

 段ボールシートについて

 段ボールシートについて

段ボールシートとは、中しんと呼ばれる波形に成形された紙に、ライナーと呼ばれる真っ直ぐな紙を貼り合わせたものです。中芯とライナーには様々な種類があります。その組み合わせにより重さや強度の異なる多様な段ボールシートを作ることができます。

また、段ボールシートの厚さも数種類あり当社では5mm(Aフルート)、3mm(Bフルート)、8mm(Wフルート)の段ボールシートを製造しています。
紙幅も850mmから1,600mmまで用意しており小ロットに強みを持っています。

 FSC認証®/CoC認証段ボール

 FSC認証®/CoC認証段ボール

当社ではFSC認証®を取得しています。(FSC®C137692) 認証マークを段ボールに印字することが可能です。
FSC認証®とは?

Forest Stewardship Council®(森林管理協議会)が責任ある森林管理の規格を定め運営しています。
世界の森林保護の観点のもと、森林の伐採から全ての加工製造・流通経路において、
材料が適切に管理されていることを承認された製品にのみ、FSC®トレードマークを適用することができます。
日本でもFSC認証®のダンボールを採用する企業が増えています。

FSCジャパンのHPはこちら。

他にも出羽紙器製作所ではSDGsへの取り組みを行っております。紹介ページはこちら。

 段ボール箱

 段ボール箱

段ボールは軽さや強度、衝撃吸収性に優れた梱包資材です。
一般的なみかん箱をはじめ、さまざまな形状の段ボール箱を製造しています。
梱包する商品の大きさ、形状、重さ、用途に合わせて最適な段ボール箱をご提案いたします。
脱プラスチックのための段ボール緩衝材や、段ボールパーテーション・段ボール什器などの段ボール製品もオリジナルで設計いたします。
また、段ボールに印刷する印刷のデザインも承っております。

 定番段ボール箱の形状

 定番段ボール箱の形状

段ボール箱には様々な箱のタイプがあります。
「どのような物」を「どこに送りたいか」をヒアリングし、最適な段ボール箱を提案させていただきます。
下記は段ボール箱の一例です。

A式段ボール箱

最も標準的な段ボール箱です。底面と上面はテープで封をして使います。

多等式(ヤッコ)段ボール箱

本やカタログ、DVDなどの平らなものを梱包する際によく使われます。

アメロク式段ボール箱

底面はテープを使う必要がありません。軽量物に梱包に向いています。

C式段ボール箱

身と蓋に分かれた箱です。側面はステッチ止めになっています。底が1枚の面になっているため底抜けの心配がありません。

N式段ボール箱

1枚の紙を組み立てて箱にします。見た目がすっきりしていて、内箱によく使われます。

ワンタッチ式段ボール箱

底の部分に糊貼り加工がされています。底の角の部分を押すだけで簡単に箱になり、組立時間が短縮できます。

段ボールスリーブ

製品の保護などに使用されます。

段ボールパッド

緩衝材や製品の保護、箱の強度アップに使用されます。

段ボールけい線入りパッド

緩衝材に使用されます。コの字型・ロの字型・メガネ型があります。

段ボールポスターケース(S式)

様々な形状のものからお選び頂けます。

特大サイズ箱

半A式とスリーブで構成されます。(PPバンドで結束していただく必要があります)

文書保存箱

底面が平らでテープレス。底抜けもしない優れものです。